理念

 

子供の頃、親から頭をなでてもらったり

背中をさすったもらったり、

お腹が痛いとおばあちゃんが「ギューッ」と、押さえてくれたり

身近に安心で温もりを感じた「手温て」をしてもらいました。

 

母に成った時、生まれたばかりの我が子に初めて触れた時、

そっとそっと優しくさすりながらなでました。

愛情いっぱいに、心の底から

「お母さんですよ!生まれて来てくれて有り難う。」

 

老いて病に倒れ、床に伏せた母に、黙って手足をさすり続けました。

「お母さん産んで頂いて、育てて下さって有り難う。」

万分の一の御恩返しもできませんが

せめて母さんと一緒に居られる一時は、思いのまゝにさすらせて下さい。

 

と、返しきれない感謝の念で!!

勿論、父にも!!!

 

波指法の原点は、ここに有ります。

精一杯の感謝の心です。

 

波指法考案者  髙木惠子